クレイ洗顔がすごくいい♡7種類のクレイと、その効果を紹介します

肌に優しいのにしっかり汚れをケアできると人気のクレイ洗顔。実は一口にクレイと言ってもクレイには種類があって、それぞれ効果も違うんですよ!そこで今回はクレイ洗顔の種類とその効果について紹介していきたいと思います!クレイ洗顔の成分とかについて知っておきたいという人は参考にしてみてくださいね♪

 

クレイ洗顔とは?

クレイとは“粘土鉱物”のことで、ケイ素やアルミニウム、酵素などからできている泥です。クレイ洗顔はそんなクレイの粒子の細かさや吸着力を利用した洗顔のことなんですね。細かい粒子が毛穴の奥にまでスルッと入り込んで古い角質や皮脂を取り除いてくれるので、頑固な汚れも綺麗にオフすることができるんです♪

実は、クレイにはたくさん種類があり、その中でも今回は7つのクレイその効果について紹介していこうと思います。

 

クレイ洗顔の種類とその効果

クレイの種類①ガスール

ガスールはモロッコの一部の場所でしか採れない粘度のことで洗浄力と保湿力が抜群。カルシウムやマグネシウムなどのミネラルをたっぷりと含んでいるので、肌のバリア機能を整えることで紫外線や乾燥などのダメージをブロックする効果が期待できると言われています。また、角質層を整えることで肌のキメが整い、ハリと弾力もアップしてくるんだとか♪

クレイの種類③クチャ

クチャは沖縄の特定地域に存在している海泥のことをいい「マリンソルト」とも呼ばれています。クチャは粒子の半分以上が5ミクロン以下というかなり小さなクレイで髪の毛の1/16サイズ。この小さな粒子が毛穴に入り込み古い角質や余分な皮脂を取り除いてくれます。クチャは栄養価が高くて鉱物由来の泥よりもミネラルが多く含まれているというのもクチャの特徴なんですよ♪

クレイの種類③カオリン

カオリンは石や岩が熱水分解されて作られた粘土鉱物のことです。他のクレイと同じように皮脂や水分を吸収する性質を持つだけでなく、血行を促進する効果も期待できるんだとか♪特にカオリンを主成分としたホワイトカオリンは肌への刺激も少なく、毛穴汚れを優しく取り除いてくれるので敏感肌の人でも使いやすいと言われているんですよ。

クレイの種類④モンモリロナイト

モンモリロナイトは鉱物の一種であるペントナイトにごくわずかだけ含まれている粘土鉱物。肌のバリア機能を守りながら不要な汚れだけを取り除いてくれるので、敏感肌の人やニキビへの刺激が気になるという人にもおすすめの泥成分なんです♪

クレイの種類⑤ベントナイト

ベントナイトはモンモリロナイトを主成分として、その他にも多種類の鉱物を含んだ弱アルカリ性のクレイです。モンモリロナイトと同じように水を含むと泥上に膨潤するので、増粘剤として化粧品に使われることも多いようです。また、ひんやりとした清涼感があるのでパック剤に用いられることも多いんですよ♪

クレイの種類⑥パスカライト

パスカライトはあらゆる肌トラブルの緩和に良いと言われていて「奇跡のクレイ」とも呼ばれているほど。ニキビの原因菌であるアクネ菌を除去する働きに優れていて、特に黒く酸化した黒ニキビのケアにぴったりなんだとか♪

クレイの種類⑦デッドシーマッド

デッドシーマッドは名前の通り死海で採れた海泥のことです。死海はどんな海よりも塩分が高くミネラルがたっぷり含まれているので、余分な汚れや老廃物を取り除きながら肌に栄養を与えて肌細胞の修復・再生をサポートすると言われています。また、血行を促進する働きもあると言われているので、むくみが取れて洗顔するだけで顔がスッキリするでしょう♪

 

おわりに

今回は、クレイ洗顔の種類とその効果について紹介してきましたが、一口にクレイ洗顔と言ってもこんなにもたくさんの種類があるんですね。それぞれのクレイが持つ効果にも違いがあるので、自分の肌の調子や求めている効果に合わせてクレイの種類を選ぶのがおすすめですよ♡

関連記事

ページ上部へ戻る